人間関係一覧

イヤイヤ期はじめました(笑)

めいち(娘)1歳6ヶ月。 食べたい・寝たい・オムツが不快などなど、 簡単に満たしてあげられた欲求が 成長と共に複雑になり、 順調な発育を見せてくれています。 乳児期には簡単に応えて あげられることが多く、 愛着形成のためにも できる限り要望には 応えてあげられるように。

子どもの自立のために親ができる子育ての関わりとは。

子どもの自立のために親ができる子育ての関わりとは。子どもの自立を願いながら、 子どもの自立を 妨げるような関わりの子育て していませんか? 例えば。。。 ・なにをするにも指示してやらせる (指示待ちの子になる) 「着替えなさい!」 「歯をみがきなさい!」 「宿題やりなさい!」

子どものイヤイヤ期、親のダメダメ期になっていませんか?

「魔のイヤイヤ期」と言われる 2~3歳の自立期にいる 子どもを持つパパママ、 「ダメダメ!」が口癖になってはいませんか? 突然ですが、 子育ての目的ってなんでしょう? なにかに取り組む時に 「目的」というのは とても大切なものですよね。 目的があると迷ったときや 困ったときに 次に取る行動やあり方に 立

イヤイヤ期。朝のギャン泣きへの接し方。

イヤイヤ期の子どもをもつ パパママの皆様。 朝のギャン泣きには どのような接し方をしますか?今朝のめいち(娘)、 すでに目覚めていたので 「おっきしよ〜ね〜」と、 ベッドから抱き上げるなり ギャン泣きがスタート。 めいち1歳8ヶ月。 簡単な短い単語を話す程度で、 こちらの言うことはほぼ理解しているし、

イヤイヤ期の子育て。ダメダメを連呼していませんか?

イヤイヤ期にありがちな具体的な事例をあげて、 その対応かが子どもの自立と絆を育むことに対して 効果的かどうかを検討し、改めて理想とする関わり方や あり方を見つめていきました。 『ダメダメ』では自立を 育むことができないばかりか、 自分で考えるという力を 身につけることができない 指示待ち人間になってしまう。

いつまでもずっと仲良し夫婦でいるための秘訣。

「いつまでもずっと 仲良し夫婦でいるための秘訣」 子どものことは どうにかしたいと思っても、 夫婦関係は別にいい。 子どもが大きくなったら 離婚するつもりでいる。 今更どうこうしようと思わない。 なんて方達も たくさんいるそうで。 本当は夫婦関係こそが 家庭の要であり子育ての要。