犬のしつけは必要ない?犬にしつけが必要な理由。

シェアする

「犬は犬らしく」

「犬にしつけは必要ない」

そう思いますか?

人間の子育てにも

通じることかもしれませんが
なぜ犬たちに『しつけ』が
必要なのかということについて。
多くの飼い主さんが
家族の一員として
犬を迎え入れる時代ですが、
そもそも私たち人間とは
種が違うので、
行動やコミュニケーション、
意思の疎通やお互いの
『当たり前』が通用しない。

犬たちは
『人間と
共に生きることを選んだ』
と言われているぐらい、
人間の様々な生活様式や
ライフスタイルに応じて
適応し、進化してきました。
ジャングルで原始的な
生活をする人間の元でも、
都会の全く草木がない、
アスファルトや、
スペースがさほど広くない
生活空間でも、
置かれた場所で様々に
適応して、
人間と共に暮らしているのです。
それだけ犬たちは
適応能力に長けているのですが、
その犬たちが暮らしている社会は
私たちが主導の人間社会。
犬たちが本能のままに
過ごしていては、
人間社会には
受け入れられづらいことが
たくさんあります。
人間社会には
動物が好きだったり、
動物に好意的な理解のある
人たちばかりではありません。
嫌い、苦手。
という人たちだって
いるのです。
大きな視野でみると、
犬たちは適応能力に
優れているのですが、
社会性を身につけるための
学びの機会は家庭によって
様々です。
避妊去勢が言われているのも
犬たちが人間社会に
受け入れられやすくするため。
避妊去勢をせず、
本能が強く出ることで、
トラブルや事故を
招きやすいばかりか、
犬たちにとっても
抱える必要のないストレスを
抱えさせてしまっているのです。
吠えや飛びつき、
噛みつきは
社会的に受け入れられづらい
行動ではありますが、
犬たちにとっては
ごく自然な行動です。
『家族になら問題ない』と
あなどらないでくださいね。
家族にしている行動は
他の第三者と関わる時にも
出やすい行動となります。
どんな関わり方、
どんな習慣を
身につけさせてあげるかは
私たち飼い主次第です。
犬嫌いな人を作るのは、
犬を飼う犬好きの方です。
犬嫌いな方、
犬が苦手な方を
周りに増やさないことが、
犬たちが受け入れられる
社会へのとても大切なことです。
そして、
どうせなら、
たくさんの人に
可愛がってもらえる子に
育ててあげてください。
周りに迷惑をかけない
穏やかなフレンドリーな子は
可愛がってもらえるばかりか
たくさんの人に笑顔を
与えます(*^^*)
社会に受け入れられづらい
行動があるなぁと感じる方は
いつでもご相談くださいね♪

青森県内のドッグトレーニングのご相談承ります。
FULFILLドッグトレーニング タナカアカリ
fulfill.aka@gmail.com

お問い合わせ


シェアする

フォローする

この記事をお届けした
FULFILL DogTrainingの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!