ドッグトレーナーがオススメするクレートの選び方。

シェアする

家庭犬のわんちゃんには1人につき必ず1つは持っておいてほしいクレート。(バリケンとも言う)。

みなさんはどんなクレートを使っていますか?
今回はドッグトレーナーがオススメするクレート選びについてお伝えしていきます。

様々なものがあり、どれを選んで良いかと悩む飼い主さんも少なくありませんが、これは犬の必需品といっていい大切な道具です。


■クレートで過ごせると便利なこと

車での移動はもちろん、ホテルに預ける際や他のお家に預かってもらう際にも、普段使い慣れたわんちゃんのマイホームがあれば、環境の変化によるストレスも軽減でき、落ち着いて過ごしやすくなります。

また、クレートで過ごすことを慣らしておいてあげると、バスや電車、飛行機などの交通機関も利用することができるので旅行の幅も広がりますね。

大型犬の飼い主さんは持ち運ぶのが便利な折りたたみ式のソフトクレートに慣らしてあげると便利です。

待機が必要なときに広げて、それ以外の移動は自分の足で歩いてもらう方が便利ですから。

クレートレストを習慣にしてあげたい理由の一つとして、一番覚えておいていただきたいのが、震災時の避難の際に必要になるという事です。

同行避難が義務づけられましたが、たくさんの人たちが集まる避難所で、犬たちも一緒に押し付いて過ごすためにはクレートが必須なのです。

まだクレートに慣れていないとか、これから練習していきたいという子にはドッグトレーナーがオススメするクレートがありますので参考にしていただけたらと思います。

■ドッグトレーナーがオススメするものしないもの


①クレートの扉が左右どちらからも開閉できて扉自体が取り外しのできるもの。

クレートに自発的に入る練習をする際に、最初は扉を取り外した状態からの方が受け入れしやすい子がいます。
扉をつけて練習するようになってからも、開閉の向きによっては警戒しやすかったり受け入れしやすかったりということもあるので、両側どちらからでも開けられるものがオススメです。
人の使いやすさを考えても、両側から開閉できるのは利点ですね。
扉を取り外しできるということはお手入れもしやすく、クレートの中が汚れてしまったときにも簡単に掃除することができます。

②下から上に開けるタイプではないもの。

先ほどもご紹介しましたが、左右どちらからも開閉できるものをオススメしています。
下から上に開く扉で、クレート内に扉が収納されていくタイプもあるのですが、人の手元が狂ったり、犬が暴れた時に謝って扉が落下してしまうことが本当に良くあります。
その際に落ちてくる扉にもびっくりしてしまいますし、ガタンと大きな音が鳴ったりもします。
恐怖の経験をしたわんちゃんはその後しばらくはクレートに近寄ることをしなくなるでしょう。
慣らしていきたいのに逆に恐怖経験をさせてしまう可能性のあるものはオススメできません。

③ソフトクレートではなくハードタイプのものを。

大型犬の場合も常設のものに関してはハードタイプをオススメします。
ただ、外出先で使うために持ち運びしやすいのはソフトタイプなので、破壊しないなど使い慣れた子に限り、ソフトクレートでも良いかと思います。
小型犬に関してはハードタイプのものが絶対にオススメです。
安全を確保するという意味で外側からの衝撃にも耐えられて、ソフトのように形の変形しないものの方が、犬たちも落ち着いて過ごしやすいのです。
もちろんいたずらなどの心配のない子には、クレートの中にふわふわのベッドやマットを強いてあげることもしてあげてくださいね。

お問い合わせ


シェアする

フォローする

この記事をお届けした
FULFILL DogTrainingの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!