犬に手を出すと逃げる?あなたの手は「奪う手」?「与える手」?

シェアする


犬に手を出すと逃げる?
あなたの手は「奪う手」?「与える手」?

人が満たされることで、
動物たちが満たされる。

HAPPYな家庭づくりのメッセンジャー。

青森のドッグトレーナー

FULFILLのタナカアカリです(*^^*)

犬たちにとって

私たち人間の『手』へのイメージに

違いがあることを知っていますか?

例えば、、、
食べ物やオモチャを守って

人の手が近づくと

唸ったり噛み付いたり、

攻撃的な行動をせずとも、

フリーズしたりという子たちがいます。

この子たちにとって、

近づく手のイメージは

マイナスなものになっています。

逆に食べ物を食べている最中や、

お気に入りのオモチャで

遊んでいる最中、

人の手が近づいても

そろまでと変わらない様子であれば

その子の人の手へのイメージは

良いものといえるでしょう。

ここから分かることは、

犬たちが日々の生活の中で、

私たち人間の手が近づくことを

どのように学習しているかと

いうことです。


■あなたの手は「奪う手」か「与える手」か。

簡単に言うと

『奪う手』なのか

『与える手』なのかを

犬たちが経験によって

学習をしているのです。

あなたの手が『奪う手』として

学習されているのなら、

お互いの安心安全な生活や

より良い関係づくりのために

今すぐにしてあげられることがあります。

『奪う手』から『与える手』へ。

実践していただくことで

あなたと愛犬の関係や暮らしは

今よりももっと豊かになります(*^^*)

■捕まえられることへの印象が悪くなっていませんか?

さらに、手を出して捕まえようとしたり
抱き上げようとすると
逃げたり後ずさりしたりという子もいます。

これはどんな学習をしていると思いますか?

これは人に捕まえられたり
抱き上げられたりすることで
その子にとって良くないことが起こったり、
良いことがなくなることで
人に捕まることの印象は
どんどん悪くなってしまいます。

「うちの子、抱っこされたがらないかも」という方。

例えばこんなことに心当たりはありませんか?

自由な時間を楽しんでいたのに、
抱っこされてサークルの中に入れられて
そのままお留守番させらられるとか、
抱っこされて苦手なお手入れをされるとか、
苦手な点耳薬や点眼薬をつけられるとか。。。。

このすべては犬が人に捕まった時に
犬にとって良くないことが起こっているという
例になります。

はっ!とした飼い主さんがいたらぜひ
呼び戻しや抱っこに良い印象をつける
トレーニングに取り組んであげてください。

人に抱っこされて
嫌なことがあったという経験よりも、
人に抱っこされて
いいことがあったという経験が
上回れば、その印象は良いものに
変化していくことができるのです。

とはいえ自己流でのトレーニングは

難しいものがありますので、

ぜひお近くのドッグトレーナーに

お問い合わせくださいね(*´∀`*)

お問い合わせ


シェアする

フォローする

この記事をお届けした
FULFILL DogTrainingの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!