犬が元気なのにフードを食べない?それはグルメになってる証拠かも。。。

シェアする


犬が元気なのにフードを食べない?
それはグルメになってる証拠かも。。。

愛犬のしつけ相談を受ける際に、その子にとっての課題や飼い主さんとの関わり方や関係を改善していくために、トリーツ(食べ物)を使ったトレーニングを提案していきます。

なにも問題がなければすぐにトレーニングに取りかかることができるのですが、トレーニングに取りかかる前に、食事の管理をしていかなければならない子たちがいます。


■トレーニングの前になぜ食事管理が必要なのか。

「うちの子、ご飯食べないんです~」

厳密には「フードを食べない」ということで、それ以外のものは普通に食べているケースがほとんどです。

通常犬は満腹中枢が刺激されづらい動物なので、常に食べたがるというのが正常な状態です。

そんな犬たちが食べ物を目の前にしたときに、見向きもしないという状態は異常なのですが、それに気づいていない飼い主さんも多くいらっしゃるようです。

「フードは食べないのにおやつは食べる」という状態は子どもの好き嫌いと同じ状態が起っているということです。

普段毎日与えられるフードは犬たちにとって一番価値の低くなる食べ物です。
その他にもらえるおやつは当然魅力的で価値ある物と感じます。

私たち人間がたまに食べるお寿司や焼き肉が好きなのと同じです。

では毎日お寿司や焼き肉を食べていたらどうなりますか?

はい、体を壊してしまいますね。

最近は手作り食をされる飼い主さんも増えてきていますが、まだ多くの人たちはフードをご飯として与えています。

犬たちにとってフードは総合栄養食です。
それだけ食べていれば栄養はしっかりと取れるようになっています。
※添加物などの問題はおいといて。。。

それを食べずにおやつばかりをもらって食べてフードを食べなかったり、ふりかけや缶詰などトッピングをしないと食べれないというのでは、トレーニングをしていくときに食べ物の価値があまり高くない状態で取り組まなければならないということです。

これでは犬のモチベーションはあがりませんし、楽しくありません。

苦手なものへも慣してあげることができません。

まずは普段の食事をしっかりと食べるよう、ご飯は出したら残っていても3分で片付け、フード以外の食べ物は与えないよう管理していくことからスタートとなります。

■賢い飼い主がしているご褒美の使い分け

普段お家で好ましい行動をしたときやトレーニングするときにはドッグフードで十分です。
その代わりに、苦手なものを慣す練習をするときや、刺激の多いお外では価値の高いおやつを使用してあげましょう。

普段からお家の中で美味しいおやつをもらっていては、お外に出たときにそれをあげてもなんの効果も発揮しません。

苦手なものに慣すときにも、その気になる刺激以上に欲しいと感じる、モチベーションの上がるご褒美が必要なのです。

でなければ嫌なものに対しての印象を変えていくことができません。

また好きすぎるご褒美を使ってのトレーニングは、逆に興奮を高め冷静さや学習を妨げることもあります。
フードを5位とした時に、愛犬の好きな食べ物をランキング上位4つを応えられるようにしておくとシーンごとに使い分けがしやすくなります。

あなたの愛犬のナンバーワンはなんですか?

お問い合わせ


シェアする

フォローする

この記事をお届けした
FULFILL DogTrainingの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!