他の犬と仲良くしてほしい。犬と飼い主のニーズのズレ。

シェアする


他の犬と仲良くしてほしい。犬と飼い主のニーズのズレ。

犬を飼っている飼い主さんであれば、きっと誰でも「うちの子には幸せに生涯を過ごしてほしい」と願っているのではないでしょうか?

ですが時に、飼い主さんの期待が犬の望んでいることとズレてしまっているのを感じることもあります。


■良くある相談「他の犬と仲良く遊んでほしい」

たとえばしつけ相談にいらっしゃる飼い主さんの要望の中に、「他のわんちゃんと仲良く遊んでほしい」ということがあったりします。

犬を迎える時に、自分のわんちゃんが他のお家のわんちゃんと一緒に仲良く楽しく遊ぶ姿を想像して、それを楽しみにしていらっしゃった方は、特にそんな想いが強いようで、自分のわんちゃんがそれを望んでいるかということは置き去りにされたまま、「どうやったら仲良く遊んでくれてるようになりますか?」と質問されたりします。

また、似たような相談で同居犬のわんちゃん同士仲良く過ごしてほしいというものがあったりもします。

このような質問や要望は少なくなく、特に同居犬同士の問題ということになるとシビアに悩んでいる飼い主さんも多いのですが、それに対して私が毎回お伝えしているのはいつも同じ事です。

■犬のニーズと飼い主のニーズとのギャップ

人がそれぞれ趣味嗜好が違うように、犬たちにも好きなことや苦手なこと、楽し事やつまらないことがそれぞれにあります。

人と関わるのが好きな子、犬同士の関わりが好きな子、アクティブな運動が好きな子、頭を使った飼い主とのコミュニケーションの時間が好きな子。

犬種ごとの特性はあるにしても、それぞれに個性は違って当然なのです。

そして、飼い主さんが愛犬に望んでいることは、はたして愛犬が本当に望んでいるのかというところです。

飼い主さんとの関わりに問題があるのであれば、それは関係作りのためにもしっかりとトレーニングに取り組んだ方がよいでしょう。

しかし犬同士の関わりが苦手な子に対して、他のわんちゃんと仲良くしたいと思っていない子に対して、それを望むことは本当に賢明なことでしょうか?

答えはNoです。

人間社会で家庭犬として暮らしていく犬たちは、人と上手なコミュニケーションをとれなければ困ったことが多くなります。

しかし、他のわんちゃんと良好な関係を築くことができなくても、さして問題にはならないのです。

他のわんちゃんが苦手で吠えかかってしまったり、興奮して飛びかかってしまうという状況があるならば、目指すところは「他のわんちゃんと仲良くする」ではなく、「他のわんちゃんと一緒にいても落ち着いて過ごせる」です。

他のわんちゃんとコミュニケーションをとれるようになることや、遊ぶところまで求める必要はないのです。

他のわんちゃんと一緒にいても落ち着いて過ごすことができれば、結果的にその子のストレスを軽減させてあげることにも繋がります。

他のわんちゃんたちが一緒に遊ぶ姿をみてうらやましがる飼い主さんもいますが、他のわんちゃんと上手に楽しく遊べても、飼い主さんと良好なコミュニケーションが取れていなければまったく意味が無いのです。

でもそういう子も結構多くいます。

遊びに夢中で飼い主さんの制御が聞かない、指示がまったくはいらないような子。

他のわんちゃんと仲良く遊べなくても、飼い主さんの声にいつも耳を傾けて落ち着いて過ごせることができれば、家庭犬としては幸せで穏やかな暮らしを送ることができるでしょう。

同居犬同士の関係構築に関しても、犬同士が穏やかに一緒に過ごせないのであれば、棲み分けが必要です。

一緒にいさせたいというのはこちら側の都合で、実際一緒に住む犬たちにとってはお互いに落ち着いて過ごすことのできない環境だったります。

まずは棲み分けをしてお互いに安心できる環境を整えてから、一緒のスペースでお互いの存在を認識しながらトレーニングやワークをするなどして、可能であれば犬たちに相談しながら少しずつ距離を縮めていけばよいのです。

今一度自分の愛犬のニーズを見直してみて、今取り組もうとしていることが、お互いの求める物と一致しているかどうかを検討してみるのも良いかもしれません。

お問い合わせ


シェアする

フォローする

この記事をお届けした
FULFILL DogTrainingの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!