犬が信頼できる飼い主の3つの特徴

シェアする

犬たちの信頼を得ることは
一緒に暮らしている飼い主さんにとって
とても重要なことなのではないでしょうか?

でも愛犬との関係に悩む
飼い主さんは少なくありません。

呼んでも来ない、
吠えられる、
噛みつく、など
愛犬の行動問題に
悩んでいる人は、
この愛犬からの
「信頼」を得る必要が
あるかもしれません。

では犬の信頼を得るために
私たちに必要なことには
どんなことがあるのでしょうか?

1.犬の嫌がることをしない
お世話やお手入れなどする中で
犬の嫌がっている様子を
的確に読み取ることが出来て、
深追いしたり、

無理強いしたりせずに
犬が安心できる関わりを
心がけていることが大切です。

怖がる状況を作らないというのも
飼い主が気にしてあげたいことです。

「この人は嫌がることをしない
安心安全な関係だ」と
理解してもらうことが
第一に必要なことです。

嫌がるようなシュチュエーションで
嫌がらずに進められるような
配慮にも工夫が必要です。

2.苦手なことは
スモールステップで
わかりやすく慣らしてくれる

他人や他犬が苦手であれば
犬が受け入れられる程度の刺激から。
お手入れが苦手であれば
犬が受け入れられる手順から。
少しづつスモールステップで
段階をもって慣らしてあげることは
犬が次に起こることの予測が
立てやすく、犬の
自信に繋がります。

ここに手間暇をかけてあげられるかどうかが
犬たちからの信頼を得るためにも
必要なことです。

3.ルールが変わらない。

一貫性があること。

気分や状況に左右されることなく、
いつでも同じ関わりや対応をしてくれる
飼い主は、
犬にとってわかりやすく
安心できる存在となります。
コロコロと都合で
ルールや対応を変えないということは
私たちにとっても
難しい時があるのですが、
だからこそ時間に余裕を
持って関わることだったり、
いつも大切にしたい関係を
意識することが大切と言えます。

「犬が信頼できる飼い主の3つの特徴」
3つあげてみましたが、
こうしてみると、
どれも人間関係の
マネジメントや子育てにも
繋がることのように感じます。

そう考えると
もっと愛犬の心に寄り添い
尊重しながら、
良い関係づくりに

目を向ける必要があると
感じますね。

「関わりづらい」
「お世話しづらい」
という時には、
トレーニングと合わせて
愛犬との関係づくりにも
目を向けてみてくださいね♪

青森県内のドッグトレーニングのご相談承ります。
FULFILLドッグトレーニングのサービスメニュー

お問い合わせ


シェアする

フォローする

この記事をお届けした
FULFILL DogTrainingの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!