ドッグトレーナーになるためにはどうしたらいいの?

シェアする


ドッグトレーナーになるためにはどうしたらいいの?

先日ブログを読んでくださっている方からこんな質問のメッセージが届きました。

私自身は家庭犬のドッグトレーナーを仕事にしていますが、実際この職業はまだまだ認知されていないマイナーな職業だと思っています。

でも憧れる人はいるんじゃないかなぁとも思います。

「動物に関わる仕事をしたい」という子どもたちも多いと思っています。

私が知る限りでも、現在ドッグトレーナーを仕事にしている人はそれぞれにきっかけや経緯も違いますが、これからドッグトレーナーになりたいと志している若者のために、少しでも役立ててもらえたらと思います。


■訓練orトレーニング?

家庭犬のドッグトレーナーと警察犬などの犬の訓練士、実はこの2つの仕事は同じではありません。
目的が違います。

多くのドッグトレーナーとして活躍する人は、動物の専門学校でトレーニングを専門で学んでいます。

訓練士を志す場合は、訓練系の手法をベースにした専門学校で学び、その後訓練所に就職し、住み込みで働くということも珍しくはないようです。

ですが家庭犬のしつけインストラクターやドッグトレーナーは、家庭犬のためのトレーニング方法を専門に学びます。

同じく専門学校で学ぶことができるのですが、自分が将来思い描くなりたいトレーナー像をしっかりとイメージして専門学校を選ぶということが必要です。

目的が違えばトレーニング方法も変わり、まったくもって真逆のことを指導されることにもなってしまうからです。

主に警察犬などの訓練系の専門学校では強制訓練のやり方を学びます。

ですが家庭犬へのトレーニングはそれとはずいぶんと異なることがあります。

自分はどんなドッグトレーナー、または訓練士になりたいのかをしっかりとイメージして専門学校を選ぶ必要があるでしょう。

■ドッグトレーナーの雇用先

いざ専門学校を卒業しても、ドッグトレーナーになれるとは限りません。
私の住む東北は特にドッグトレーナーとしての雇用先が少なく、私が卒業した専門学校のしつけインストラクターコースの同期の中でも、当時20名ほどいましたが、ドッグトレーナーとしての雇用先がみつかり就職できたのは私だけでした。

ドッグトレーナーの雇用先はドッグトレーニング専門の施設や、動物病院などです。
ですが動物病院でもしつけのサービスを行っているところはまだまだ少なく、動物看護師やトリマーの求人はあっても、ドッグトレーナーの雇用は本当に希少なのです。

かといって、専門学校を卒業しただけでは独立して活躍していくことは難しいのが現状です。

どの専門職もそうだと思いますが、経験と実績がものをいう世界です。

さまざまに経験値を積み、ようやく問題行動の解決の引き出しや、犬に受け入れてもらいやすい扱いを身につけていくのです。

■情熱があれば。。。

専門学校を出ていなくても。。。
私の知るトレーナー仲間には、動物の専門学校を卒業していなくてもドッグトレーナーになった人もいます。

その人は自分の愛犬を飼ったことをきっかけにレッスンに通い犬のしつけを学びました。
そこからさらに興味を持ちステップアップしながら学んでいった時に、レッスンをしていたインストラクターのアシスタントという立場になることができたのです。

もちろんセンスや技術を身につけるまでの、レッスンに通うお金や時間や労力はかかります。

けれどそれを上回る情熱があってこそ、継続して学び続けられると思うのです。

そういった意味ではなにも専門学校を卒業することだけがドッグトレーナーへの道ではないということ。

学ぶ情熱とそこにかける労力が周囲に見えたときに、ドッグトレーナーとしての未来も開けていくのだと思うのです。

これからの時代は特に、有能なドッグトレーナーが求められていくと思っています。
これからドッグトレーナーを目指すという方に、心からエールを送ります。

お問い合わせ


シェアする

フォローする

この記事をお届けした
FULFILL DogTrainingの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!