オオカミの群れから読み解く犬との理想の関係性

シェアする


オオカミの群れから読み解く犬との理想の関係性

前回の記事では現代の家庭犬と飼い主に求められている関係は主従関係ではなく、パートナーシップ、信頼関係であるとお伝えしました。

そして犬たちは上下関係で関わりを選んでいるのではなく、損得で選んでいるということもお伝えしました。

実はオオカミの群れでの順位付けはこの損得で決められることが分かっています。

オオカミの群れの中でどのように個体の位が決まるのかは、実は力のあるものが虚勢を張り強制で怒るのではなく、この損得だったのです。。。


■オオカミの群れに位ができるまで

オオカミの位は大きく分けて次の4つに分けられます。

・アルファ
・ベータ
・シグマ
・オメガ

アルファはその群れのトップであり、1つの群れに対して1頭だけがその位にいます。

アルファの次の位はベータです。
ベータは1頭のアルファに対して2~3頭でついていく、アルファの次に続く位のオオカミたちです。

その次がシグマ。
シグマはベータに続く位でその頭数はさらに増えていきます。

最後はオメガと呼ばれるグループで、後に今の犬たちの祖先となるグループです。

ある日1頭のオオカミが獲物の鳴き声を聞きつけ、見事獲物を仕留めて食事にありつきます。

最初に獲物を見つけそれを捕らえることができるオオカミ。
それがアルファになります。

その獲物の匂いをかぎつけベータたちがやってきて、アルファのおこぼれをもらうことができます。

その後にシグマがやってきて残り少ないおこぼれを食べるのですが、オメガたちがたどり着く頃にはもう食べられるところはなくなってしまっているので、オメガのグループはいつもお腹をすかせています。

このように「アルファについていくと食事にあるつけることができる!」という損得からオオカミの群れの位は決まっていくのです。

そしていつもお腹をすかせているオメガオオカミたちは、人里にいたほうが食事にありつけることを学習し、人と生活を共にするようになったのです。

アルファシンドロームといわれる言葉があるくらい、この順位付けのようなことは犬と飼い主の主従関係に当てはめて考えられがちなのですが、そもそもオオカミの群れですら強制で成り立っているのではなく損得で成り立ってリーダーが決められていたということを知ってほしいのです。

ここで優位行動、劣位行動という表現をしましょう。

優位行動が多く見られる個体、劣位行動が多く見られる個体はいますがそれは順位を表すものではないということです。

位が上の者が、位の下のものに道を譲ったりすることもあります。

人間の職場で、上司が部下に道を譲ったりするのと同じ事なのです。

そう考えると私たちが家庭犬に対して、熱心に順位付けを気にしているのが滑稽に感じてきませんか?

「順位付け」という迷信を勝手に信じて意識しているのは、私たち人間だけなのですから。

大切なことなので何度もお伝えしたいと思います。

犬と飼い主に必要なのは「主従関係」ではなく、「信頼関係」です。

そして様々な研究から、このオオカミの群れの関わりに、1つのとてもおもしろい特徴があることが分かっています。

■物事の始まりは誰が切る

オオカミの群れの中で遊びはとても重要なコミュニケーションの要素を持っているようです。

一方のオオカミが遊びに誘い、もう一方のオオカミがその遊びに応える。

この普通の事が、それぞれの位によって受け入れられたり受け入れられなかったりするようです。

アルファ

ベータ

シグマ

オメガ

上の位の者から誘われた遊びは下の位の者は必ず応じるのです。

ですが、自分の位よりも下の位の者に誘われた遊びは絶対に乗ることがありません。

なのでベータはアルファからの遊びの誘いには応じますが、シグマやオメガからの遊びの誘いには決して乗らないのだそうです。

これがどんなことを意味するか分かりますか?

私たち犬と暮らす飼い主が、家庭の中で物事のスタートを切っているということがとても重要だということです。

そして、犬たちがスタートを切るものに対して応じていると良くないということです。

先にものべたように、犬たちは損得で行動を選択する生き物です。

家庭犬として暮らす犬たちには「飼い主のいうことをきくことは得なことだ」と教えてあげたいのですから、犬たちが物事のスタートを切っている状況というのは、それが上手く伝わりづらい状況ということなのです。

このオオカミの群れから教えられることは、主従関係ではないということと、強制することなく真のリーダーシップを発揮していこうということです。

良質な情報との出会いは愛犬との暮らしも豊かにします。

ぜひ愛犬との関わりに役立ててくださいね。

お問い合わせ


シェアする

フォローする

この記事をお届けした
FULFILL DogTrainingの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!