フリーランスのドッグトレーナーになって。。。

シェアする


フリーランスのドッグトレーナーになって。。。


■安心してチャレンジさせてもらえたこと

私事ではありますが、フリーランスのドッグトレーナーとなり1周年を迎えました。

10年動物病院とドッグスクールでトレーナーとして勤務し、もっと自由にお役立ちしたい!と、不安と希望を抱えながら独立起業した1年前。

ありがたいことに前会社のオーナーからは「ずっといてほしいけれど、しつけの普及のためにも応援します」と言っていただき、後輩の育成など含め業務委託契約という形で独立後もお仕事をいただきながら、安心してフリーランスとしてチャレンジすることができました。

収入の不安を抱えることなく、やりたいことに対して積極的にチャレンジできたことは、本当にありがたく恵まれていると思っています。

「犬のしつけの正しい知識を広めたい!」

私と前会社のオーナーの想いの一致があったからだと思っています。

独立した今も良い関係で、お互い同じビジョンを目指して活動することができています。

全ては動物たち、そしてペットと暮らす人たちのHAPPYな暮らしのために。
ここ青森から、動物たちが受け入れられる社会を作るために。。。

■1年間活動してきて感じたこと

私の住む青森市には私が勤務していた動物病院やトレーニングスクールがあり、犬のしつけに関する情報を一般の飼い主さんが得やすく相談しやすい環境があります。

それは私が勤めた前会社のオーナーが熱意をもって確かな技術と知識を持った家庭犬専門のドッグトレーナーを育成してきたからです。

動物病院でドッグトレーナーを雇用しているところ自体、青森にはまだまだ少ないのが現状ですが、そこでは定期的に県外から大学教授や経験と実績豊富なインストラクターの先生を招いて、トレーナーの技術を向上させるための研修を行っています。

なので私がフリーになってからも、当然青森市内でのしつけトレーニングのご依頼をいただくことはありますが、私がこの1年精力的に活動を広げたのは青森市以外の地域でした。

そこで活動してきた中で、この狭い青森県内の中でも犬のしつけに関する情報格差がものすごくあるのを感じています。

県内各地に犬の訓練所と言われるところは複数存在します。

ですが家庭犬専門のしつけに関する情報や技術を提供しているところは本当に数少ないのが現状です。

本当に数少ないのですが、唯一オススメできるのは動物病院でしつけのサービスを行っているところです。

青森県内の動物病院でしつけのサービスを行っているところは確かな情報をもって行っているはずです。

他の施設や店舗で「訓練士」、「犬の幼稚園」や「犬の保育園」という名前を使っていても、家庭犬のための確かな知識と技術を提供しているかというと実はそうでないことの方がほとんどです。

犬のしつけは専門家でなければ対応できないことが数多くあります。

そしてこの犬のしつけに関するプロは常に新しくなっていく知識や技術を習得するために学び続け成長し続けなければならないのですが、家庭犬のしつけに役立てる有能なドッグトレーナーかどうかというのが、一般の飼い主さんからは見えづらいという問題があります。

○○認定ドッグトレーナー、△△公認訓練士と名前がついていても確かな技術と知識を持っているわけではありません。

私が青森市以外でのしつけ相談や出張トレーニングをお受けする中で、すでに訓練所の訓練士などに相談してアドバイスを受けたけれども改善しない、むしろ悪化してしまったという方に多く出会いました。

私にはトレーナー仲間に元警察犬の訓練士だった人がいます。
その人から聞いた情報では、警察犬は家庭犬のトレーニングとはまったく違う考え方や目的や手法を持っていて、同じように考えたり適応させようとするといろいろな副作用が起こることばかりだと感じました。

もちろん警察犬を扱う訓練士さんの中には、できるだけ人道的な方法をとるかたもいらっしゃるでしょうし、家庭犬のトレーニングは請け負わないで警察犬と専門に訓練するという方もいらっしゃるようです。

ですが多くの飼い主さんが適切なアドバイスではなく、犬の問題行動に対して罰を与える方法をアドバイスされてしまっています。

それを1年間肌で感じながら、これは私だけではどうにもならないということを今とても実感しています。

ありがたいことに私自身へのしつけ相談やレッスンのご依頼はたくさんいただけるようになりましたが、もっと身近で犬のしつけに関する専門家のアドバイスを受けられる状態が必要だと感じています。

そんな中、県内のトリミングサロンのトリマーさんや、動物病院のスタッフさん向けに、犬のしつけに関するセミナーのご依頼もいただけるようになりました。

これからは自分のドッグトレーナーとしての活動だけでなく、適切なしつけのアドバイスができるペットのプロを増やしていくための活動も広げていきたいと思っています。

そしてなによりも、夢を描いてドッグトレーナーとなった私の後輩にあたる子たちのためにも、私がフリーランスのドッグトレーナーとしてどんどん活躍してお役に立っている姿を見せていきたいと思っています。

動物たち、飼い主さん、そして地域のために貢献できる、ドッグトレーナーを増やしていくためにも。。。

お問い合わせ


シェアする

フォローする

この記事をお届けした
FULFILL DogTrainingの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!