covid-19をきっかけに、今思うこと。

シェアする

covid-19をきっかけに、今思うこと。

■FULFILLドッグサロンがオープンしてもうすぐ半年

1月に100人以上のお客さまとわんこたちにご来店いただき、華々しくオープンしたFULFILLサロン。

covid-19の感染が広がる前のことで、今思うとタイミング的に本当にラッキーだったと感じています。

いずみの教室のころからのお付き合いのある、わんこたちや飼い主様のほとんどの方々は、新サロンにも継続して登園していただいております。

わんこたちとの暮らしを少しでも豊かなものにと願う、皆様には本当に感謝の気持ちが絶えません。

また、新店舗を構えてからも新規のご相談やお問い合わせも多数いただいていて、covid-19が猛威を振るう今も、私たちの活動は、犬たちとの暮らしのサポート欠かせないものであることも実感しています。

そんな中、これまでもたくさんの仲間の力を借りながら、より良い暮らしのサポートとなる情報やレッスンの機会を作ってまいりました。

FULFILLドッグサロンのメインはようちえんなのですが、はやり一番わんこの暮らしを豊かにするのは飼い主様に学んでいただき、技術を習得することで、愛犬との生活に役立てていただけることと思っています。

私一人ではなかなかサポートも難しい中、ドッグガーデン盛岡の上野さんや、わんにゃんシッター春の渡邉さん、その他ようちえんスタッフの力を力を借りながら、少しずつ飼い主様にも愛犬と一緒に学ぶ機会を提供できるようになっています。

こうして数か月続けてみると、やはりただようちえんに預けるだけではなく、ようちえんに登園させながら、セミナーやレッスンなどで飼い主様が愛犬と一緒に学ぶ機会を作ってくださっているご家庭はとても良い関係づくりと、質の高い暮らしを送られているように感じています。

今後もそんな機会をたくさん作っていくと同時に、変わらず飼い主様が学ぶことの価値を伝えていきたいと思っています。

■不要不急なことなどなかった

話を元に戻しますと、コロナ時代と言われる時代に突入し、新たな生活様式が必要といわれるようになる中、私も改めて自分の事業について考えさせられました。

オンライン化が進み、私も以前からzoomなどでセミナーを受講したりは慣れていましたが、いざ自分の提供するサービスにと考えるとやはり無理があるとも感じました。

犬との実技を扱わない座学であればいくらでも役立てられるツールはあります。

私たちもオンラインで提供できる座学のセミナーなどは、今後はすべてオンライン化していこうという思いで準備を進めています。

ですが、どう考えてもカウンセリングやプライベートまたはグループでの犬との実技を扱うレッスンはオンラインでは難しいと感じます。

画面上で読み取れる情報量が少なく、大事な環境設定やこまかな犬のサインを見逃してしまいやすいことや、その子に伝わりやすい細かなハンドリングを直接介入して探ったり、トレーナーとのセッションの中で、少しわんちゃんにルールを伝えてから飼い主さんとのセッションに移行することなどができないこと、数秒の音の遅れによりタイミングを伝えづらいことなど、結構たくさんのリスクがあります。

もちろん一部ではありますが、オンラインのカウンセリングやレッスンのほうが向いている子もいるのは事実です。
私の過去のクライエントさんでも、「あの時オンラインの対応ができていたら」と申し訳なく思う子もいます。

ですがそれはほんの一部で、圧倒的に対面での効果が大きい子たちのほうが大多数です。

これを機会に都会では深刻な売り上げの低迷で、レッスンをオンライン化するトレーナーさんたちが増えている中で、FULFILLサロンにもそれが必要なのだろうかと・・・

ご存じの通り都会に比べ、感染リスクの少ない青森ですが、県から営業自粛要請も出されておりました。

そしてその時企画していた私たちが提供するサービスは、ごく一部を除いて不要不急といえるものはひとつもありませんでした。(おもちゃづくりのワークショップのみ不要不急に該当すると判断しました)

なぜならば、犬を飼う上で、犬たちに適切なお世話をすること、必要な欲求充足の機会を与えること、問題となる行動の改善に努めることは必要不可欠なことだからです。

さらに飼い主さんの都合での預かり希望。
これはもはや生活です。

100パーセントの感染予防はだれでも無理です。
ですが飼い主さんとの日頃のかかわりで築いてきた信頼関係があるからこそ、リスク管理はしながらサポートさせていただけている現状があります。

常に生き物を扱うことなので、covid-19にかかわらず、様々な事故やトラブルとも隣り合わせのリスクの高い職種とも思っています。

なによりも、私が独立し、まずは弘前に拠点を移しサロンをオープンしたのは、青森県の犬たちや犬と暮らす飼い主様により良い情報をお伝えし、お役に立つためです。

青森県を犬にも人にも、そして子どもたちにも優しい地域にするためです。

今後どうなるかがわからない時代の中で、今の時点ではという前提ではありますが、身近な方たちのお役にたっていくことがそこにつながる一番の方法なのではと改めて思うのです。

青森の豊かな自然、暮らしやすい地域環境に感謝しながら、様々なリスクマネジメントとともに、実技を扱うレッスンに関しては、今後も対面で行ってまいりたいと思います。

そして仲間を含めたいろんな方々の力を借りながらも、私が目指すのは青森を優しく幸福度の高い地域にすること。

そのために、いろいろと新たなプロジェクトも考えているので、今後も楽しみに見守っていただきながら、ぜひ必要な時に皆様にも力を貸していただけたらと思います!

「犬と暮らしやすい地域」

「犬にも人にも優しい地域」

「幸福度の高い地域」

一緒に目指していきましょうね!!

お問い合わせ

シェアする

フォローする

この記事をお届けした
FULFILL DogTrainingの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!