ドッグアロママッサージは犬とのコミュニケーションツール。

シェアする

ドッグアロママッサージをご存じですか?

犬の困った行動の原因には
「ストレス」が
大きく影響しています。

ストレスの原因となるもののことを
「ストレッサー」というのですが、
まずはそのストレスの元となるものを
取り除いてあげることが
必要になってきます。

人を癒やしてくれる犬たちですが、
犬たちをストレスから癒やしてあげるために
私たち飼い主にはどんな事が
できるのでしょうか?


■アロマセラピーというアプローチ

人を癒やすツールとして浸透したアロマセラピーは
動物たちにも大きな効果を発揮してくれます。

アロマセラピーは自然の
草木や花、果実から抽出された精油を使い、
香りを嗅ぐことで癒やしや
自己治癒力を高めることを
目的とする療法です。

香りの持つ効果は鼻からの呼吸で、
嗅細胞から嗅神経を通り、嗅球、嗅索を経て
大脳辺縁系へと届きます。

さらに口からの呼吸で入ると、
肺胞から肺胞壁、毛細血管を通り
体内へ循環していきます。

中でも鼻からの吸引で大脳辺縁系に届いた物は、
「脳の司令塔」と呼ばれる
視床下部に届き、
私たちの神経や内分泌、
免疫を整えてくれる効果を発揮します。

この仕組みは人も動物も同じで、
精油のもつ効果を期待することができます。

アロマセラピーによって
自然治癒力を高めることは、
心身共に健やかで健康であるためにはもちろん
過度なストレスからの回復や
興奮を静めることにも役立つのです。

さらにマッサージと組み合わせることで
飼い主とのコミュニケーションの時間となり、
犬だけでなくマッサージしている
飼い主にとっても癒やしを体感できるという
効果もあります。

暮らしの中で
アロマセラピーを取り入れていくことは
愛犬の穏やかな心身の健康を
サポートするだけでなく、
飼い主との絆を深めながら
お互いのQOLの向上に役立つのです。

■愛犬にあった精油選びの方法

ここでは大きく分けて
精油をリラックスとリフレッシュの
2つに分けていきます。

リラックスは、
鎮静や緩和の効果があり、
楽観的でハイパーな子の
落ち着きのサポートとして
使うのが有効とされています。

精油としては
ラベンダーやローマンカモミール
イランイランなどがあげられます。

ラブラドールやゴールデンなどの
陽気で明るい子を落ち着かせるのに
向きなものです。

2つめはリフレッシュです。
リフレッシュは
刺激・高揚・強壮・冷却などの効果を
発揮します。
物音や刺激に対して
シャイな反応を示す子や、
内気で自己表現の苦手な子に
気分を明るくするサポートとしても
有効になります。

精油としては
ローズマリーやペパーミント、
ティーツリー、ユーカリ、レモングラス
レモン、オレンジなどがあります。

その他、犬の性格やキャラクターだけでなく、
状況や場所などに応じて必要な精油選びを
行うこともできます。

■ドッグアロママッサージの精油の使い方

精油はとても濃度の高いものなので、
そのまま使用することなく
自然のオイルに希釈して、
良く手になじませてから
犬の体(被毛)につけて
じっくりマッサージしていきます。

手に良くなじませることより、
手の体温でオイルがより香りが立ち
犬の体にもなじみやすくなります。

犬の皮膚につけるのではなく、
犬の被毛についたオイルから
香りを吸引して効果を得るものです。

■アロママッサージの4つのメリット

○精油の持つ効果・効能を心身に取り込む

○マッサージによりより飼い主との信頼関係を深める

○ペットの体を触ることによって得られるヒーリング効果(アニマルセラピー)

○体を触らせることに慣れさせる。身体を触りチェックすることにより病気を早期発見する。

犬にも飼い主にも嬉しい効果の期待できる
アロママッサージ、ぜひ生活に取り入れて
より豊かな暮らしを目指してみませんか?

お問い合わせ


シェアする

フォローする

この記事をお届けした
FULFILL DogTrainingの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!