犬の病気や問題行動の予防に役立つホリスティックケアとは

シェアする


犬の病気や問題行動の予防に役立つホリスティックケアとは。

私たち人間と同じように、コンパニオンアニマル(伴侶動物)と言われる犬たちも、現代社会で生きて行くには様々なストレスを完全になくすることはできません。

ストレス自体は悪ではなく、刺激や張りのある生活には必要なものでもあるのですが、過度なストレスというものはやはり様々な害となることが分かっています。

そんな犬たちの心身ともに健やかな生活のために、日頃から私たち飼い主ができるホリスティックケアについてご紹介したいと思います。


■犬の抱えるストレスの4つの原因

人も犬たちも抱えるストレスには4つの要素があります。
1.精神的ストレス
人間関係・恐怖や不安によるもの

2.身体的ストレス

怪我、病気、体のゆがみや痛み、かゆみ

運動不足など

3.化学的ストレス

薬・化学物質・食べ物の添加物など

4.環境的ストレス
温度・湿度・気圧・移動など
私たちも犬たちも、これらの1つ以上にあてはまる原因となるものを抱えているとストレスを感じやすいと言われています。

これらのストレスを感じると免疫力が低下し、精神的にも不安定になりやすくなります。
犬たちの心身に良くない影響が現れ、それは病気だったり、行動問題だったりと様々に現れます。
ですが添加物の含まれる食事を含め、日々の生活の中で完全に犬たちのストレスとなることを取り除くことは難しい時代と言えるでしょう。

■ホリスティックケアに考える犬たちのケアとは

ホリスティックは積極的な薬物や外科手術などをする西洋医学とは真逆の立場をとっている東洋医学の立ち位置のものです。
化学的なものを使用せずに、自然なものでの自然治癒力や免疫力を高めることで心身ともに健康でいられることを目指します。
漢方やハーブ、アロマやホメオパシー、自然食など、体に負担が少なく優しい取り組みが、ホリスティックのケアに当てはまります。

上記にあげたようなストレスの原因となるストレッサーをなくすることが、病気や怪我や行動問題を解決していくための一番はじめにとりかかりたいことではありますが、その時のサポートとしても有効です。

日常的に行えるケアなので、病気になる前、行動問題を起こす前の日常的なケアとして行えるというのも特徴です。

心身のバランスが崩れると体内の免疫が低下。
精神的なバランスが崩れると病気を引き起こしたり行動問題を引き起こす。

ホメオスタシス(生体恒常性)は「自律神経・内分泌・免疫」の3つの要素からバランスを取り合って成り立っています。

この3つのバランスを保つことこそが、健康な状態を維持することであり、問題や病気を改善させることに繋がるのです。

現代の私たちの生活は、便利に手軽になり、日用品や食べ物も化学物質だらけになっています。
ホリスティックケアのような自然なケアや食事は、手間暇がかかることが多いのですが、薬や化学物質などを使っている製品を簡単に選択するのではなく、自分自身の体にも、愛する犬たちの体にも優しいケアを選択していくことが、現代に生きる私たちにこそ必要なことなのかもしれないですね。

お問い合わせ


シェアする

フォローする

この記事をお届けした
FULFILL DogTrainingの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!