犬との暮らしを楽しむことを主張する前に。。。

シェアする

犬たちとの暮らしを楽しむことを主張する前に必要なこと。。。

それは犬と暮らす人たちのマナーの意識と命の大切さを学ぶことをを含めた、動物に関する教育の場を増やすことや、その質をあげることです。
現在日本のペット飼育の現状は犬が1034万6000頭、猫が995万9000頭と総人口あたり20%の人がペットと共に生活しています。


■日本のペット飼育の現状と闇

これはまだ人口一人あたりとなっているので、世帯でみたらもっと比率はあがりますし、なによりすでに子どもの数よりもコンパニオンアニマル(伴侶動物)といわれるペットたちの数の方が上回っていることは、「ペットブーム」という言葉で簡単に済ますことができないくらいの社会現象なのです。

昨年は空前の猫ブームが起こり、お散歩やしつけの手間暇が犬よりもかからず飼いやすいとして、猫の飼育率や里親への譲渡率も上がったようです。

すでに密接に私たちと暮らしているペットたちと私たち人間の関係は、「飼う・飼われる」の関係ではなく、「家族・パートナー」としての関係に変化してきました。

とはいえ多くの人たちがペットたちとの暮らしを楽しむこの社会で、不幸にも手荒い扱いを受けたり、必要なお世話が行き届かなかったり、行き場を失い殺処分されたりという動物たちがいるということも忘れてはならないのです。

ペットたちとの暮らしを楽しんでいる人たちの多くがこの事実を知らなかったり、なんとなくそんな世界があるだろうと察してはいても、見ないふりをしているということもあるのでしょう。

■「犬を飼ってるひとってマナーが悪いよね」

ドッグトレーナーというこの仕事をしていて、この言葉はとても気になります。

私のもとにしつけ相談やレッスンに通って下さる方は割と意識の高い飼い主さんが多いので、半径何百メートルという周りだけ見渡せば、マナーの意識の高い飼い主さんばかりのような錯覚を起こしてしまいやすいのですが、現実はそうではありません。

お散歩中の排泄物の放置などは良くある光景として地域の人にも認知されており、動物と暮らしていない方は特に不快な思いをされているでしょう。

私もお散歩中にそんな光景に出会うと、これだけ犬たちの地位の向上のために勤めているのにと悔しい気持ちになりますから。

またしつけ相談にこられる飼い主さんでも、犬と暮らす際に守らなければならないマナーにどんなことがるのかを知らない方もいらっしゃいます。

例えば条例にある「係留の義務」屋外に飼育動物を出す際には、必ずリードをつけ係留し管理しておかなければならないということも。。。

ドッグカフェや公園で、首輪もリードもつけないままに抱っこして歩いている飼い主さんも多く見かけますが、これが当たり前ではないのです。

いくら信頼できる動物とはいえ、何か驚くような刺激に出会った時に、どんな行動をとるかはわからないのですから、事故やトラブルからわんちゃんを守るためにも、地域の方の安心を守るためにも、地域の方からの動物と暮らす人たちへの信頼を守るためにも、配慮していただきたいのです。

■犬には義務教育がない

フリースクールや教育の自由化など、時代と共に様々に変化しつつある日本の教育ですが、人には小学校・中学校と義務教育というシステムがあります。
義務教育のあり方について議論されることが増えているようですが、基本的には目的があり、社会でより良く生きていくために必要な知識や技術を習得することができます。

では種の違う犬や猫はどうなのでしょう?

種が違うにもかかわらず、動物たちと暮らす際にその種に関して知ることや学ぶことは残念ながら義務ではないのです。

また、昔のように子どもが学校帰りや外遊びで、動物たちとのふれあいや関わりについて自然に体験的に学ぶ機会も希薄になっています。

ドッグトレーナーとして思うのは、動物と暮らす人たちがその種のことや歴史、社会的背景についてを学ぶことが義務化されていれば、こんなにも不幸な動物たちを生み出すことはないだろうということです。

飼い主が学ぶ機会だけでなく、犬たちが人間社会に受け入れられやすい行動を身につける学びの機会を与えられているかどうかも、家庭によって様々なのですから。

一生懸命ペットたちのために学び、時間やお金や手間暇をかけて、教育の機会を与えている飼い主さんも多くいらっしゃいます。

最近では地域の動物愛護団体や動物愛護センターから、犬や猫を迎え入れる方が増えてきていて、うれしい反面、もう一歩進んでちゃんと教育まで力と愛情を注げる飼い主さんが増えてくれたらと思うのです。

それが家族の幸せに繋がり、動物たちが地域に受け入れられる社会につながるのですから。。。

お問い合わせ


シェアする

フォローする

この記事をお届けした
FULFILL DogTrainingの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!