保護犬の譲渡活動~ソラくん日記~②

シェアする


保護犬の譲渡活動~ソラくん日記~②

動物愛護センターからソラくんが我が家に来て1週間が経ちました。

フィラリア陽性というハンディーのあるソラくんですが、気質はとてもフレンドリーで子どもに対しての過度な興奮もなく、家庭犬として人と一緒に穏やかに過ごせるとても良い子です。

そんなソラくんの我が家で過ごす一週間の変化を記録していきたいと思います。


■食べることと安心感


ソラくんのお世話をして下さっていた愛護センターの職員さんやボランティアさんのお話では、ソラくんはなかなかご飯を食べない子だったそうです。

人がいる前ではご飯をたべることなく、置きっ放しにしたご飯を人がいないときに食べているという状態が長くあったと聞いています。

本来食べるということは私たち人間も含め、動物たちには本能として備わっていることなのですが、環境や状況によっては食べることができなくもなってしまうのです。

食べることは気持ちを計るひとつのバロメーター。

食べない子だと聞いていたので、我が家に早くなれてもらえるようにと、茹でたササミやレバーを用意して初日を迎えました。

我が家に連れてきてササミを与えてみるとすぐさま食べついて積極的にほしがる様子もありました。

人の目の前で食べることができなかったソラくんでも、美味しい物であれば受け入れることができたのです。

その翌日からはドライフードも人の手からや器から、床からと様々に食べることができるようになりましたが、モチベーションのない時もたびたびあり、今はハウストレーニングなどのご褒美としてしかフードを与えないようにしています。

ササミなどのフード以外のおやつであれば出して食べないことはないので、少しグルメさんになっているかもしれないと思い、しばらくはフードのみで食へのモチベーションの変化を見ている最中です。


センターに保護されるまで、どんなお世話を受けていたのか、ソラくんの行動から読み取れることがいくつかあります。

人の食事中におねだりする様子も見られるので、以前の飼い主さんの元では、人の食べ物をもらっていたかもしれないことも察することができました。

■車酔いとストレス

保護犬にとって愛護センターのような複数の犬と暮らす環境でのストレスは慢性的なものになっていることが多く、そこから引き出された先でも新たな環境になじむまでにはやはりストレスがかかります。

一般的に慢性的なストレスがかかった生活をしていない子であっても、一時的なストレスを感じるとそれはストレスの原因を取り除いてからも、2~6日間かけてゆっくり平常にもどっていくのです。


保護犬のように慢性的なストレスを抱えていた子であれば、ストレスのない通常な状態に戻るまでに2~6ヶ月かかると言われています。

これは麻布大学の教授が、震災時に保護された犬たちや愛護センターから引き出した犬たちに対し行った、尿中のコルチゾールを計ることで犬たちのストレスレベルを観察した実験ですでに立証されています。

ソラくんの場合、食べ物の受け入れが早かったことからも環境の変化に対してのストレスレベルは高いものではありませんでしたが、唯一車での移動だけが大きくストレスの原因となるものでした。

数日間車移動を試しましたが、繰り返して慣れるレベルのものではなく、しばらくはストレスレベルをさげることを優先して車移動のない状態で生活させていこうと取り組んでいる最中です。

■愛着と分離不安

犬たちは私たち人間と同じく、社会的関わりが必要な動物です。
飼い主やお世話をしてくれる人との関わりによって幸せ感を感じることができるのです。


ソラくんのように飼い主やお家、お世話をする人が複数に変化する経験をした子は、新たなお世話をしてくれる特定の人に入り込みやすく、愛着が強くなってしまう傾向があります。

それが過度になると、人と離れることが不安という分離不安傾向になってしまうのです。

これまで1週間でソラくんの吠え声を聞いたことは1度もありませんが、人がソラくんの近くを離れ視界から消えることで鼻鳴きすることは頻繁にあります。

朝の家族の支度などの時には頻繁に人の行き来があるため、しばらくすると慣れて落ちついて過ごすことができるレベルなのでさほど激しくはありませんが、こちらの帰宅時などの出会い頭に関わり方を間違えてしまうと、分離不安傾向を強めてしまうので工夫しながら関わっています。
人に対して愛着の強い子は、単身の飼い主さんには向きません。
愛着が集中してしまい要求行動がでやすくなってしまうからです。

家族で愛着を分散できるような家庭がソラくんにもあっているかと思います。

また、ソラくんほどの気質のよい子は、はじめて犬を飼われる方や高齢の方にも飼いやすく良い関係で過ごせると思います。

今後もソラくんの様子を観察しながら、新たな里親さんへつなげられるよう見守っていきたいと思います。

新しいご家族にお繋ぎするまでの保護中の医療費などご寄付をお願いいたします。
ソラくんへのご寄付はコチラまで↓

しっぽの願いat青森
ゆうちょ口座からのお振込

記号 18420

番号 24392961

なまえ シッポノネガイアットマークアオモリ
他金融機関からのお振込

店名 八四八(ハチヨンハチ)

店番 848

普通預金

口座番号 2439296

なまえ シッポノネガイアットマークアオモリ

お問い合わせ


シェアする

フォローする

この記事をお届けした
FULFILL DogTrainingの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!