神社へのお参り、元旦よりも大晦日がいいらしいよ!

シェアする

年越し、お正月といえば、
「初詣」に元日に
神社へお参りしにいく方が
多いのではないでしょうか?

実は神社へのお参りは、
元旦よりも大晦日の方が
いいらしいんです!!

今年の年越しは
家族で私の実家に帰省して
年越しをするために、
車でインターネットラジオの
番組を聞きながら向かっていました。

すると、初詣ではなく
「晦日参り」をするのが良いと
いう話をしていたのです。

神様に今年一年の
お願いごとをするために
お参りするのと、
一年の感謝を伝えるために
お参りするのとでは
神様はどちらの
幸せを願いたくなるかという
ことを言っていました。

なるほど~!!!
確かにお願いごとばかりされることより、
感謝を伝えてもらう方が嬉しいですよね!!

どちらの方が御利益が
あるかないかという話は
検証が難しいですが、
そもそも後者は感謝を
伝えるためにいくので、
御利益を期待するという
マインドではないですもんね。

「神社へのお参りは
元旦ではなく、
大晦日に感謝を伝えに行くべし!」

そのほかにも
お参りの仕方についても
こんなことをあげていました。

「参拝のときに
鈴を鳴らすな!!!」

えっ!?
でも神社に火ならず
お参りのところには
鈴がぶら下がっていますよね!

なんで?

神様を鈴を鳴らして
神様を呼ぶなんて失礼!!

とのこと。。。。

う~ん。。。

確かに何人も何人も
鈴を鳴らして
お願い事ばかりを伝えられたら
イヤかもな~。。。

さらに、

「お賽銭は放って投げるべからず!
置いて滑らせるように入れるべし!」

ほとんどの人が
お賽銭を放って投げ入れているのだとか。

「神様に送るお賽銭を
放って投げますか?」という
ことらしいのです。

これ、私もいままで当たり前のように
やってましたから、
なるほど~とうなずきました。

ということで、
大晦日に実家に帰省した夜は、
家族で御馳走と年越しそばを食べて、
娘が寝静まってから
日付が変わる前に
主人と二人で地元の
神社に出かけました。

田舎ということもあり、
人は少なく、
年越しの瞬間を
神社で過ごそうという
若者がちょろちょろいる程度。

並んだりまったりすることもなく
すぐにお参りすることができました。

今年一年を無事に過ごせたこと。
家族みんなで幸せに過ごせたこと。
仕事にもやりがいをもって取り組めたこと。

「感謝を伝える」ということを
意識してのお参りは
なんだか心がス~っとっと
穏やかになっていくような、
そんな感じがしました。

日付が変わる前に
家に戻り、
新年の瞬間は家族と過ごしました。

それですっかり気を良くした
私たち夫婦は、
翌日の元日には、
せっかく地元に戻っているのだからと、
普段はなかなか行くことのない
ご先祖様へのご挨拶に
お墓参りにもいってきたのでした。

そんなこんなで
今年の年越しは、
いつもの年と比べて
なんだか穏やかな心地のよい
気分で過ごすことができました。

来年以降もやっていきたいと思います。

お問い合わせ


シェアする

フォローする

この記事をお届けした
FULFILL DogTrainingの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!