稼ぐなら、「好きなこと」より「得意なこと」。

シェアする

あなたにとって
「好きなこと」と「得意なこと」は
同じでしょうか?

最近では
「好きを仕事に!」
「好きなことだけしていたらいい!」
「好きで稼ぐ!」
のような文書やメッセージを良く目にします。

特に女性企業家が増えてきている
この時代に、
こんな台詞は実にウケが良く、
なんだかとても楽しい良いことのように
感じるのではないでしょうか?

会社で社員として働きながら、
趣味を仕事に!と
副業で稼ぐ女性も増えてきています。
起業を目指して
雇われながら副業をするという、
パラレルキャリアと呼ばれる
働き方をしている人たちも
増えてきているのでは
ないでしょうか?

私も「好きなこと」を
仕事にしたくて、
もっと自由に稼ぎたくて
フリーランスの道を選びましたが、
そこで「好きなこと」と思い
ワクワクだけを胸に
活動していったのですが、
いつしかただ純粋に
「好きなこと」だったのが
プレッシャーに感じるように
なってきました。

新たにやり始めたことは
やり慣れていないので、
ストレスや緊張も多く
プレッシャーに感じるように
なってきたのです。

なんとなくそんな時に
「富」のための学び、
ウェルスダイナミクスという
セミナーを受講したときのこと。

外的価値と内的価値
という言葉に出会いました。

そこでは自分が提供できるもの
それぞれに、
自分自身で感じる知識や技術に
点数をつけていくのです。

同じように
自分の提供できるものの
知識や技術それぞれに、
周りからどう見られているかを
点数をつけていきます。

するとおもしろいことが起こりました。

私が自信を持って伝えられる知識や技術について
周りの人はさほど高く評価していないということに
気づきました。

それは私が自信をもって提供できる、
「得意なこと」を発信していなかったから。

そしてまだ自分の自信のない
成長が必要と感じているものに関しては
自己評価以上に周りからの評価を得ていることに
気づいたのです。

なぜなら私は「好きなこと」に対して
発信し続けてきたから。。。

でも私が簡単に、
自信をもって提供できるものは
「好きなこと」ではなく「得意なこと」
だったのです。

そのことに気がついたら、
今注力すべきところは
「得意なこと」で稼ぐことだと
実感することができました。

もし私と同じように
やりたいことと今の仕事とが
リンクしていなかったり、
新たに何か始めたいと
思っている人がいたら
伝えたいことがります。
「好き」で「得意」なことが同じであれば
悩むことはないでしょう。
でも「好き」がまだ「得意」の
レベルでないと感じるのであれば、
それが「得意」になるよう
時間を費やしながらも、
「得意」をしっかりと活かすのです。
「好き」だけでは人の役には立ちません。
でも「得意」は人の役に立ち、
あなたもその対価を受け取ることができます。
そこで得た対価は、
ただの「好き」を「得意」にしていくための
大切な財産にはなりませんか?

ぜひすでに価値のある
「得意」を活かしながら
「好き」を広げていけるよう
生きていきたいものです。

お問い合わせ


シェアする

フォローする

この記事をお届けした
FULFILL DogTrainingの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!