脳機能を活用した年間計画。Drop into2017@青森に参加して

シェアする


脳機能を活用した年間計画。
【Drop into2017@青森】に参加して。

青森のドッグトレーナーFULFILLのタナカアカリです。


■Drop into2017に参加して

先日Drop into2017に初参加してきました。
青森での開催は3年目ということで、過去にも学び仲間やドリプラ仲間の参加をみていたのでとても興味があったのですが、これは本当に衝撃的でした。

これまでも心理学や目標達成プログラムなど、私が学んで役立ててきたものはいろいろありますが、それを遙かに超える情報がここにありました。

まさにこれからの時代を豊に生きるための学びでした。

恐れや不安ベースのものではなく、いかに面白がるか!楽しめると思えるか!という、これからの時代にマッチしたあり方をベースにしていました。

講師のさえさんのスピード感のある語り口は、実にリズミカルでトントンと私の脳へ情報を伝えてくれていました。

そのどれもが価値を感じられる新鮮なもので、一言も逃すまいと必死でした(笑)

去年1年を色や図形、いろいろな切り口で記憶から引き出し、今年一年をどんな年にしたいのか、何を成し遂げたいのかを、マインドセットしながら計画をつくっていきました。

マインドマップでのアイディア出しや、マインドフルネス瞑想や、より効果的に身になるような、段階を経ていくアファメーション。。。

そのどれもが新鮮で1DAYのセミナーでしたがずっと脳が興奮状態でシュワシュワしていたのでした。

講座を受けていく中での自分の感情の変化が一番のフィードバックでした。

新しい世界を見せられたような、自分の可能性をさらに広げてくれたような。。。

そして、脳機能を活用することで、もっとワクワクな未来が待っているのではないかという、なんとも言えない興奮状態が続きました(笑)

■これからの時代の夢の描き方

「いかに面白がるか!」

これからの時代、とても大切なことだと感じました。

「世界は私に優しい」と認識する人と、「世界は私に厳しい」と認識する人とで、分離のコミュニティーに住むか和合のコミュニティーに住むかが分かれていくのだとか。

あなたはどちらの世界の住人でいたいですか?

そして豊に生きる力=未来を描く力

未来は言語化、音声化することで叶えやすくなるということも。

1年後、3年後、5年後、10年後、30年後、50年後、100年後、300年後、1000年後。。。

そんなスケールでどうなっていたいかを考えた時、ちゃんとその人自身の目的に繋がっているのだと、身をもって体感しました。

活気ある仲間、空間の中で、言語化されたたくさんの夢は、参加したみなさんのパワーとやる気になって、夢を叶えた体験として脳内に刻みこまれたことでしょう。

自分自身と参加者の皆様の年末が楽しみです(*^_^*)

お問い合わせ


シェアする

フォローする

この記事をお届けした
FULFILL DogTrainingの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!