自律を育む関わり方、モチベーション2.0からモチベーション3.0の時代へ。

シェアする


自律を育む関わり方、モチベーション2.0からモチベーション3.0の時代へ。

4回のポジティブペアレンティングのセミナーを終了いたしました。

ポジティブペアレンティングとは、人の発達段階やその時期に必要な適切な関わり、成長型マインドセットと強みが人の育ちに与える影響、人の行動の学び方を知ることで、自律と信頼を育む関わり方を実践するための学びです。


■学習理論は理論でしかない

最終回の昨日は、心理学の歴史と合わせて学習の仕組みを知り、子育てやマネジメント、人の成長に関わる中でどのような活用ができるのか、または活用することで起こりうる害などを学びました。

学習理論に関しては、ドッグトレーナーの仕事を通してずっと学び実践し、レクチャーしてきているので、私は専門家です。

「人の動機付けは内側から」という新しい心理学の立ち位置にある選択理論心理学を学び始めたころ、しかる・褒めるなどのコントロールが人の幸せな生き方や自律のためには害になるということを知り、自分の仕事としての犬たちへの取り組みと照らし合わせ、とても葛藤したのを覚えています。

私の仕事は犬と飼い主さん双方の欲求充足に配慮しながら、どんな仕組みでこの問題が起っているのかを飼い主さんにお伝えし、問題解決のために効果的な対応の仕方をレクチャーすることです。要はコントロールの方法をお伝えしています。

コントロールはありますが、そこでは「正の罰を使わない」とか、「犬の欲求充足に配慮する」という、できるだけ犬よりな犬に優しい方法を選択します。

自律を目指す子育てとは違い、犬たちはずっと管理下にいる存在なので、育てる目的が違うのですが、それを自分の中で符に落とすまでにしばし時間がかかりました。

そして学習の仕組みはありますが、それは私たちが理解していようがいまいが起ること。

それを「どのように活用するのか」「活用しないのか」、ということが犬育てでも子育てにおいても、とても大切なことだと思っています。

■モチベーション0.2とモチベーション0.3

報酬と罰を使い人をコントロールしてきたのがこれまでの時代です。

生産性が大切だったこれまでの時代には、とにかく単純な作業をできるだけたくさんこなすために人を動かす必要がありました。

それがモチベーション2.0です。

ですが時代とともに単純な作業は途上国やAIに奪われ、今の日本にはよりクリエイティブで複雑化した仕事や作業が必要になってきています。

報酬は単純作業に関しては効果を発揮しますが、実は複雑化したものやクリエイティブな事に関して効果を発揮しないばかりか、逆にその取り組みに本来持っていた楽しみややる気までも奪ってしまうというとても大きな害を持っています。

さらに報酬は視野を狭めるという特徴ももっています。

報酬と罰は人を管理するシステム。

仕事はアルゴリズムから発見的方法に変わってきていて、これまでとおなじ報酬と罰を用いた関わりでは、これからの時代を生き抜いていける人材を育てることができないということです。

それにかわる考え方がモチベーション3.0。

時代とともにアップデートされてきているのです。

■モチベーション3.0

外発的要因で人をコントロールするという2.0から今求められているものは、その活動自体が楽しく興味があり、なぜ必要なのかという意味を持っているから取り組むという、内発的モチベーションです。

それは人が生まれつき持っている好奇心や興味が元になっていて、外発的動機付けで損なわれます。

内発的モチベーションの高い人は幸福度や社会的成功も手にしやすく、より幸せで自尊心が高く、健康行動が多く、良好な人間関係を築いていることが分かっています。

【正しい問いは「他者をどのように動機付けるか」ではない、どのようにすれば他者が自らを動機づける条件(環境)を生みだせるか」と問わなければならない】

今回の講座では、そのために必要な関わりやフォーカスするポイントなど、具体的な子育ての中での事例を分かち合いながら学ぶことができました。

■これからもどんどん進化していくもの

今回の学びでは世界的にも新しい情報を学ぶことができました。

私のドッグトレーナーとして学習理論をどのように用いているかなどの取り組みも、皆さまに興味を持っていただき、少しだけシェアさせていただくこともできました。

ですがドッグトレーニングの世界もどんどん進化しているので、時代や人との関わりの中でどんどんアップデートされていくのだと思います。

人間関係も、人を育てる効果的な関わりも、犬育ての効果的で人道的な関わりも、どんどん進化していきそれを取り入れていける人たちが地域や社会をリードしていけるのだと思います。

いつまでたっても学ぶことは楽しく、そこに価値や意味を感じられるということがどれほど幸せでありがたいことかと、実感する機会にもなりました。

自分が成長することで、家族や身近な人たちに少しづつ貢献していきたいと思っています。

お問い合わせ


シェアする

フォローする

この記事をお届けした
FULFILL DogTrainingの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!